借入金の種類について(後編)

本記事では貸付方法やその手法の違いから分けた借入金の種類について説明します。借入金の種類について(前編)」では運転資金など、資金使途別の借入金の種類について説明していますので本記事と併せて確認しておきましょう。

ちなみに、銀行から融資を受けようと考えている場合、事業計画書の作成はもちろん、銀行との面接等、最低でも2か月以上はかかってしまいますので、あらかじめビジネスローンの審査を通しておいて、資金調達をできる選択肢を広げてはいかがでしょうか?。以下の大手ビジネスローンはオンライン手続きのみで10分程度で完結します。一度審査が通れば、数百万円程度の資金は最短翌日には調達できます。

ビジネクスト 審査によりますが、最大1000万円まで融資可能

また、以下のような事業者の方で、どうしても資金調達が必要な方はファクタリング(売掛金の早期売却)をおすすめします。

・様々な事情で金融機関からの借り入れによる資金調達が難しい方
・すぐにつなぎ資金が必要な方
・創業後、1年以上の営業実績が無い方(決算が終わっていない方)

毎月法人の取引先に対して安定した売掛金がある事業をしている事業者は、売掛金を早期にファクタリング会社に売却して資金調達を行えます。売掛金があれば、最短翌日に資金調達をすることも可能です。こちらのフォームで資金調達額の目安がすぐにわかりますので、今すぐ簡易診断してみてください。

短期資金と長期資金

「借入期間」で借入金の種類を分けた呼び方が「長期資金」と「短期資金」です。借入期間1年以上の借入を「長期借入金(長期資金)」借入期間1年未満の借入を「短期借入金(短期資金)」と呼びます。以降で説明するそれぞれの貸付方法は基本的に「証書貸付」のみが「長期資金」で、その他は「短期資金」となります。

証書貸付

証書貸付とは金融機関と借主が証書を交わして契約を締結する借入の方式です。証書とは「金銭消費貸借契約証書」のことを言います。一般的に設備資金や長期運転資金といった「長期資金」の借入の際はこの証書貸付となります。
「金銭消費貸借契約証書」には①借主と貸主②貸付日③貸付金額④返済の時期と方法⑤利息⑥保証人と担保、等契約の詳細な内容が記載されています。
「金銭消費貸借契約証書」には収入印紙を貼らなければなりませんが、費用は借主が負担します。収入印紙代はその契約金額(=借入金額)によって異なります。例えば、借入金1,000万円の場合の収入印紙は1万円です。

手形貸付

手形貸付とは借主が借入用手形を金融機関に差し入れて借入する方式です。一般的に借入期間1年未満の短期資金の際に用いられます。契約書を借入の都度締結しなくて済むため、手続きが楽というメリットがあります
収入印紙代についても証書貸付より安く済みます。例えば、手形金額(=借入金額)1,000万円の場合の収入印紙は2,000円です。

手形割引

受取手形のある事業者しか利用できない調達方法です。販売先からの代金回収において、手形で受け取っている場合、手形期日より前に銀行にその手形を持ち込み、買い取ってもらうイメージで手形を現金化します。当然ですが、手形の額面から利息に相当する「手形割引料」が銀行に引かれます。「手形割引料」は証書貸付の利息に相当するため、借主によって異なるのが一般的です。
また、経常的に割り引く手形の銘柄(=借主にとっての販売先)の信用状況なども総合的に踏まえた上で割引限度額や割引手数料が決定されます。

当座貸越

当座貸越には「一般当座貸越」「専用当座貸越」の2種類があります。

一般当座貸越

金融機関と事業者が当座貸越契約を行い、あらかじめ貸越限度を決定します。その決められた貸越限度内であれば、当座預金の残高を超えて手形・小切手の決済を行ってもらえます。つまり、当座預金と連動して自動的に貸越する商品です。

専用当座貸越

金融機関と事業者が当専用座貸越契約を行い、あらかじめ融資限度額(一般的には融資極度額と呼びます)を決定します。借主はその極度額範囲内において借入と返済を期間内に何度も行うことができます。
借主にとって使い勝手の良い商品ですが、審査のハードルは非常に高いのが実態です。金融機関側からすれば期間内にずっと極度額一杯まで貸しっぱなしになる可能性もあるためリスクが高く、当然に審査が厳しくなるということです。

まとめ

記事「貸付金の種類:前半」で自身の必要な資金の種類を確認した上で、「貸付金の種類:後半」でどのような商品(借入方法・手法)が必要なのか確認しましょう。証書貸付の場合は「貸付金の種類:後半」で説明したような資金使途が審査のポイントになり、審査のハードルはケースバイケースとなります。短期資金の場合ももちろん同様ですが、一般的に手形割引、手形貸付、一般当座貸越、専用当座貸越の順で審査は難しくなります。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は9が事業資金の調達に成功しました。
前日は10が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 銀行との融資交渉で必要な担保の基礎知識

  2. 【わかりやすい】公的融資制度についてちゃんと理解しよう!

  3. 【事業者必見!】銀行融資の申込前に知っておきたい銀行内の「格付け」とは?

  4. 【起業家必見!】はじめての創業計画書 〜審査のポイント〜

  5. 期限前弁済手数料とは?

    期限前弁済手数料とは?

  6. 借入金の種類について(前編)

  7. 連帯保証人

    銀行からの借入時の連帯保証人とは?保証人との違いを知ろう

  8. 銀行融資の返済に困った時に最初にすべきこととは?

  9. 融資に必要な書類のまとめと融資担当者の見ているポイント

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら