協会保証付き融資(信用保証協会)の仕組みを再確認!【資金調達したい経営者必見!】

信用保証付き融資(信用保証協会)について

協会保証付き融資とは、信用保証協会に保証人になってもらい金融機関から融資を受けることです。信用保証協会とは、「信用保証協会法」に基づき設立された全国47都道府県と4つの市(横浜市、川崎市、名古屋市、岐阜市)の計51拠点を構えている公的機関です。信用力の低い中小企業・小規模事業者が銀行等金融機関から資金調達する際に、保証協会が融資の保証人となることで、融資を受けやすくなる環境づくりをして、中小企業にも銀行が集めたお金が回るようにサポートしています。そのため、原則として融資審査の際に業歴は関係しません。

 

協会保証付きの融資の仕組みは図のとおりです

信用保証協会の保証料は借入れする側が全て負担する仕組みなので、借入れ企業にとっては、金利と保証料の両方の支払いが重荷になります。万が一、経営が悪化して返済不能になった場合は、信用保証協会が融資残額を支払う「代位弁済」が行われます。しかし、決して借入金の返済を免れられる訳ではなく、信用保証協会が一時的に肩代わりをしてくれているだけなので注意してください。代位弁済した後は、保証協会が債権者となり、企業と連帯保証人は保証協会から請求されます。

保証協会によって使える保証制度が違う!

あまり知られていないのですが、51ある保証協会によって様々な保証制度があり、銀行が勧めてきたもので契約してしまうと場合によっては損をしてしまう可能性もあります。そのようなことの無いように毎年5月に発行される「中小企業金融のしおり」を参考にするようにしましょう。

この「中小企業金融のしおり」は、保証協会の本支店に行けば無料でもらえます。また支店によってはネット上で確認することもできますので、是非チェックしてみてください。

尚、保証制度には全国一律の「一般保証制度」と都道府県独自のもの、市区町村の制度などがあります。保証料や利息の補助がついた保証制度もあります。

「責任共有制度」とは?

平成19年10月1日から全国の信用保証協会と金融機関の間で、「責任共有制度」が導入されました。両者が適切な責任共有を図る事で、両者が連携して企業に対して適切な支援を行う事を目的とした制度です。

制度導入前の協会保証付き融資は、信用保証協会が原則100%の保証割合で貸し倒れリスクの全額を背負うという仕組みでした。仮に融資が焦げ付いたとしても銀行は全く痛みを伴わないので、保証協会の審査さえ通れば、銀行側は無いに等しいぐらいの緩い審査をしてほぼ確実に融資を行っていたため、協会保証付き融資の焦げ付きが大きな問題となりました。

その打開策として「責任共有制度」が導入され、保証協会は、原則として保証割合は債務の80%に下がり、金融機関は20%の貸し倒れリスクを負担しなくてはいけないデメリットができたので、導入前と比べて銀行の融資審査は厳しくなりました。

しかし、責任共有制度が導入されて10年経った現在でも、保証協会に依存している傾向が強くあります。保証協会への過度な依存は、金融機関にとっても借り手の企業にとっても、業績向上に対する意識を低下させてしまうという事が問題視され、信用保証制度が一部見直されることになりました。

平成30年4月1日から新しい信用補完制度が始まりました。責任共有制度において保証協会の保証割合をさらなる引き下げについて議論されていましたが、現状維持で80パーセントのままです。

「セーフティネット保証」「創業保証」とは?

責任共有制度の例外として「セーフティネット保証」や「創業保証」など信用保証協会が貸し倒れリスクを原則100%負担する制度がいくつかありますが、平成30年4月からの新しい制度では、「セーフティネット保証」は責任共有制度と同様に保証割合が80%になりました。

「プロパー融資」とは?

プロパー融資は、協会保証なしで銀行が100%リスクを背負っている完全自己責任の融資です。そのため、銀行の融資審査はひと際厳しくなりますが、信用保証協会への保証料の支払いが不要になることで、資金調達コストを大幅に削減することが出来るので、企業にとって魅力的な融資です。プロパー融資を受けられることは金融機関からの信頼されている証拠になるので、達成目標のひとつとするのも良いでしょう。

信用保証協会の、数カ月分の売上等が参考で決まる保証枠は、もしもの場合に備えて使わずに取っておき、必要資金はプロパー融資で資金繰りができるようになれれば、資金調達の安定性が高まるのでとても理想です。

尚、銀行からの融資を受けるには最低でも1か月以上、初めての場合は2か月はかかります。もし、500万円から1000万円程度の資金確保さえできれば資金繰りが改善できるようなら、スピーディに資金調達できるビジネスローンで一時的に資金手当てすることも検討しましょう。

ただし、ビジネスローンも種類は非常にたくさんありますので、一つ一つの審査申込は大変です。当サイトで一番のオススメが日本全国からオンラインですぐに申込審査ができるビジネスローンです。「資金繰り大丈夫かな・・」と少しでも不安に思われるならば、今のうちにビジネスローンの審査を通しておいて、資金調達ができる選択肢を広げておくべきでしょう。融資枠さえ確保しておけば良いので、すぐに借りる必要はありません。以下の大手ビジネスローンはオンライン手続きのみで10分程度で完結します。一度審査が通れば、500万円程度の資金は最短翌日には調達できます。

ビジネクスト 東証一部企業のアイフルグループで安心 審査次第で最大1000万円まで融資可能

さらに詳しくビジネクストのサービスにについて詳細を知りたい方は以下の記事もご参考にどうぞ。

事業者向けローンの最大手・ビジネクストの特徴
ビジネクストへの融資申し込みと返済方式

尚、以下のような事業者の方で、どうしても資金調達が必要な方はビジネスローンと平行してファクタリング(売掛金の早期売却)の利用をおすすめします。

・様々な事情で金融機関からの借り入れによる資金調達が難しい方
・すぐにつなぎ資金が必要な方
・創業後、1年以上の営業実績が無い方(決算が終わっていない方)
・税金未納がある方
・赤字決算の方

特に赤字決算の場合は銀行との今までの取引関係もあり、追加融資が可能な場合も多々ありますが、税金未納の場合は、銀行は絶対に融資をしてくれませんのでファクタリングしか方法がないかもしれません。日本ではまだまだ知名度の低い資金調達法ですが、経済産業省も推奨している100%合法の資金調達スキームです。ちなみに米国ではおよそ15%の利用に対して、日本では1%程度です。

経済産業省「売掛債権の利用促進について」

法人個人事業主問わず、毎月法人の取引先に対して安定した売掛金がある事業をしている事業者は、売掛金を早期にファクタリング会社に売却して資金調達を行えます。売掛金があれば、最短翌日に資金調達をすることも可能です。こちらのフォームで資金調達額の目安がすぐにわかりますので今すぐ簡易診断してみてください。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は6が事業資金の調達に成功しました。
前日は9が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 銀行の返済期間

    銀行融資の返済期間の設定で絶対に覚えておきたいこと【資金調達したい経営者必見!】

  2. 制度融資

    制度融資の仕組みとは?【資金調達したい経営者必見!】

  3. 銀行融資の審査を100%通すために知っておくべき情報【損益計算書編】

  4. 【独立開業したい起業家必見!】新規開業資金の調達の最善の方法と、絶対にやってはダメなこととは?

  5. 知っておきたい4種類の融資の違いとポイントについて《手形割引・手形貸付・当座貸越・証書貸付》

  6. 無担保でも借りられる融資制度

    【経営者必読】信用実績ゼロのときに頼れる《2つの資金調達法》とは?

  7. 起業家が融資を受けるまでの【全体の流れ】を把握する!

    起業家が融資を受けるまでの【全体の流れ】を把握する!

  8. 銀行融資の審査を100%通すために知っておくべき情報【提出書類編】

  9. 資金使途

    金融機関へ資金使途を説明するポイントとは?【資金調達したい経営者必見!】

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら