不動産会社の資金繰りが改善できたケース

不動産会社

不動産会社を経営されているJ社長の資金繰りについて体験を伺いました。

同業で資金繰りに悩んでいる方は参考にしてみてください。

ファクタリングは手数料が高い!なので、しっかりした「出口戦略」がある場合は利用してもよいでしょう

私は小規模の不動産会社を経営しています。

マンション5棟、アパート12棟を所有しており、メインの賃貸業は高い入居率のおかげで収入は安定しているのですが、軽い気持ちで手を出した売買仲介で危なく大損してしまうところでした。

経営難になったオーナーから工場の用地を破格で買い取れる案件があり、破格であったことと、既に売却先も見つかっていたので、好条件だと飛びつき安易に承諾したのが間違いでした。

予定していた買い手が金融機関からの融資に失敗したという理由で、直前になってキャンセルされてしまったのです。

用地のオーナーは倒産寸前で緊急を要していた事もあり、月末までに現金払いが可能であれば相場より300万円程安く売却してくれると提示してくれたので、なんとかして用地を押さえたい気持ちはあったものの、手元の運転資金だけでは1,000万円程足りない状況でした。

約1,800万円ある家賃収入から1,000万円分をファクタリングによって早期現金化できることを知りましたが、基本的には2社間の契約になるので、銀行金利と比べるとかなり割高な手数料になってしまうとのこと。

  • 【マンション収入】
  • 平均70,000円✕36部屋✕5棟=12,600,000円

  • 【アパート収入】
  • 平均50,000円✕10部屋✕12棟=6,000,000円

高額利用だったことと家賃収入は安定した債権だという理由から2社間ファクタリングの手数料は10%で済みましたが、1,000万円の調達に100万円ものコストを掛けることになります。

年利計算すると100%を超えるのか…なんてことを考えてしまって、初めての利用に正直迷いもありましたが、どうしても用地を押さえたかったので決断しました。

実際に3社間ファクタリングを利用するとなると、入居者一人ひとりと債権譲渡登記をしなくてはいけないので時間もかかるし、入居者の方々に不信感を持たれても困るので現実的ではありませんでした。

ファクタリング審査に必要な提出書類は、直近1年の家賃振込状況を証明するための通帳と会社登記簿のみで、利用用途を聞かれた程度で審査は2日で完了しました。

翌週月曜日には口座に着金され想像以上の速さには驚きでした。

さらに幸運な事に、買い取りした用地は早々に売却先が決まり、ファクタリングにかかった手数料の100万円を差し引いても250万円の利益が得る事ができたので、ファクタリングを利用して大満足の結果となりました。

今回のように短期間で収益化できる確実性が高い場合は、綿密に出口戦略を立てた上でファクタリングを利用するのであれば、手数料の事を加味しても好条件の取引になるのだと勉強になりました。

逆に安易に利用してしまうと自分の首を絞めかねないということも強く認識しておく必要があると感じました。

POINTファクタリング利用時に、しっかりしたEXIT戦略を持っていることが大事

今回は土地買収のような突発的な資金難に対応するということで、賢くファクタリングを利用できていたと思います。

資金繰りがマイナスの状態が長期化する場合に、給料支払いやローン返済のためにファクタリングに頼ってしまうと、後々取り返しのつかない事態を招く可能性もあります。

以上、不動産会社の資金繰りが改善できたケース…でした。

様々な業界のファクタリング成功事例がありますので、是非チェックしてみてください。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は7が事業資金の調達に成功しました。
前日は8が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 【借金トラブル体験談】最悪の2度目の結婚相手!奴の借金を背負わせられる羽目に!

  2. 【体験談】良い社長でも会社は倒産しちゃうものなんですね・・

  3. 【体験談】借入申込時に必要なものは本人確認書類です

  4. 喫茶店

    喫茶店の買取資金400万円のうち200万円を信用保証協会付き銀行融資で調達しました

  5. 日本政策金融公庫の融資審査がNGになった経験

    日本政策金融公庫で500万円の融資審査がNGになった経験【フリーランス必見】

  6. 義理姉の美容サロンが300万円を調達した方法に驚き!

  7. 【体験談】キャッシングを利用する際に絶対に注意しておきたいこと!

  8. 税理士さんに事業計画書の書き方を教わり無事に資金調達できた経験

  9. 【資金繰り改善】会社経営者は銀行に対しては「沈黙は金」「演技」が大事!

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら