ファクタリングについて、そしてその活用のメリットとデメリットとは?

ファクタリングについて

「ファクタリング」という言葉を耳にしたことがないという人は少なくないはずです。これは簡単に述べるならファクタリング業者が掛売債権を買い取ってくれるシステムのことです。ではもう少し詳しく見ていくことにしましょう。まず掛売債権について説明したいと思います。ある企業が商品やサービスを他の企業に販売したとします。ここで購入契約が結ばれたものの、現金の支払い期限はまだ先であるために、商品やサービスを販売した企業には即座にお金が入ってきません。その代わりに付与されるのが掛売債権です。つまりこれは商品やサービスを販売したお金を後々回収できるという権利のようなものなのです。
しかし企業の中には様々な理由により、販売金をすぐに手にしたいというところもあります。このような状況に伴い、掛売債権を買い取ってくれる業者が存在します。企業はこのような業者を利用すれば掛売債権をすぐにお金に換えることができるのです。このシステムをファクタリングと言い、掛売債権を買い取ってくれる業者をファクタリング業者と呼びます。

ファクタリングのメリット

先にも触れたようにファクタリングを利用するメリットは、何といっても掛売債権をすぐにお金に換えることができるというものです。そのため事業拡大のためにすぐにでも現金が必要であるという場合や、企業としての借金返済を急いでるときなどに利用できます。またファクタリングはお金を金融機関から借りることとは異なるために担保も不要であり、審査がパスしやすいという点もメリットです。
またお金の回収にはそれなりの人件費や印紙代などが必要となりますが、そうしたものは全て必要なくなります。もちろんファクタリング業者に手数料を支払うことになるものの、お金の回収に必要な費用を節約できるというメリットも存在します。

ファクタリングのデメリット

ファクタリング業者の手数料は掛売債権の額によって異なりますが、決して安いものではありません。もちろんリスクの伴う仕事であるために、この点は当然のことと言えます。そのためファクタリングを行う際には高額な手数料のことを心に留めておかなければなりません。また場合によってはファクタリングを依頼する企業とファクタリング業者の2社間のみで契約が結ばれるのではなく、商品を買い取った企業との3社によって契約が結ばれることもあります。3社間での契約に至った場合、商品を購入した企業に対して「なぜ取引先の企業はファクタリング業者に掛売債権の買い取りを依頼したのだろう?」という疑問を生じさせることでしょう。
ファクタリングを利用する企業の中には、経営状況が思わしくないためにお金が早急に必要であるというところもあります。また銀行などの金融機関に融資を依頼したものの、それを断られてしまった場合にファクタリングを利用する企業もあります。こうした状況により、取引先企業に対する印象を悪くしてしまうこともあるのです。仮にこのような印象を与えてしまうのであれば、足元を見られたり取引を中止される可能性も出てきます。

ファクタリングの注意点

ファクタリングを利用するにあたり、いくつか注意する点があります。まず信用できるファクタリング業者をチョイスすることです。ファクタリング業者の中には償還請求権なしで掛売債権を買い取ってくれるところがあります。このようなファクタリング業者を利用すれば、取引先がお金を支払えなくなったという場合でも損失を被ることはありません。しかしこのようなファクタリング業者に支払う手数料は高めに設定されているのが一般的です。そのためリスクを伴うもののファクタリングにかける費用をなるべく抑えることに重きを置くか、それとも費用は高くなるものの安全を第一に考えてファクタリングを行うかを熟考すべきです。
また上記でも触れたように、ファクタリングは掛売債権を保持している企業とファクタリング業者の2社間のみでの契約も可能です。しかしこの場合、ファクタリング業者にのしかかるリスクが大きくなるために手数料がかなり高くなります。そのためこの場合もお得意先企業に対する印象を大切にするか、それともファクタリングに必要となる費用を抑えることに重きを置くかを慎重に考慮するべきです。
掛売債権をすぐにお金に換えることができるというのは、魅力的な話です。しかしこれまで考えてきたように手数料や取引先企業との関係を考えると、場合によってはこれがマイナスの状況を生じさせることもあるのです。そのため安易にファクタリングを行うのは避けるべきです。状況を吟味して支払い期限まで待っも問題がないと判断された場合、ファクタリングは必要ないことでしょう。

最後に・・

そもそも掛売債権は企業の稼ぎそのものであるために、ファクタリングは借金のように利息の支払いに追われることはありません。そのため金融機関からお金を借りることに比べれば、より安全な資金調達法と言えます。それでもファクタリングを利用する場合は手数料の支払いが求められますし、取引先との関係にも影響することがあるために、状況をしっかりと考慮して利用を決定するべきです。

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします

前々日は11が事業資金の調達に成功しました。
前日は10が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金
  1. おめでとうございます。調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください
  2. 事業形態
  3. 御社名 ※任意
  4. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 資金繰り悪化!倒産回避のためのたった一つの方法とは?【もちろん合法】

  2. ファクタリングサービスの利用で知っておきたいこと

  3. 1000万円以上の事業資金を最短翌日までに調達する方法とは?

  4. ファクタリングは多くの中小企業の希望!

  5. 売掛金を現金に換えられるのがファクタリングの利点

  6. ファクタリングはベンチャー企業にとって資金調達の救世主!?

  7. 最後にはやはり信用が大事となってくるファクタリングの取引

  8. キャッシュフローを良くするにはファクタリング

  9. ファクタリングにはどのような利点と弱点があるのか

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら