融資を受けたい会社側が知っておくべき銀行の融資担当者が会社に出向いた際にチェックする8つのポイントとは?

銀行が融資を受けたい企業側を判断するポイントは、まずは経営者自身の人柄や話の信憑性、そして、会社現場の雰囲気や社員、そのうえで事業計画の実現性です。当記事では、一般的な銀行の融資担当者が会社に出向いた際にチェックする8つのポイントをまとめました。

自社ビルや社長専用の高級車を持っている

事業の収益が余りあるほど上がっており、社員の増員のため、どうしても必要な場合や、業務をより円滑に行うためにベンツが必要ならばよいですが、かろうじて黒字だったり赤字であるような企業が自社ビルを持っているような場合は、銀行側からすると「収益を生まないものに多額の費用をかけるような会社」には、融資を避けるでしょう。

社長の口から「景気が悪いんですよね」等の言葉が出てくる

自社の業績が低迷している理由を景気のせいにするような社長の会社には、なかなか融資をしようとしないでしょう。口癖のように言ってしまう方は、少なくとも銀行担当者の前では絶対に口にしないようにしましょう。

社長が部屋に入ってくると、他社員が起立して直立不動となる

一見、体育会系のようで、組織として統率が取れていると感じるかもしれませんが、実際には社長の顔色をうかがって業務を行っている証拠です。そのような会社で、業績が低迷しているような場合は、なかなか改善は見込めない場合が多いです。

廊下ですれ違う社員が全く目を合わさず、挨拶もしない

これは社員がやる気がない証拠です。自社への訪問者に対して挨拶すらできないような社員を見て、この会社が伸びるとは思わないでしょう。

銀行側からの改善提案に対して、社長が即答で「やっていますよ」と返事だけをする

もし業績が長らく低迷しているような状況の場合は、資金を融資しようとする銀行としても、業績改善のための提案するでしょう。その際に、ただ単に「やっている」という返答だけでは、銀行側を説得できないです。もし改善策を実施しているような場合は、具体的に説明できるようにすることが重要です。

事務所内が雑然としている

これは、特にはっきりわかることですが、業績が良くない中小企業の事務所というものは、明らかに雰囲気が悪いです。銀行の融資担当者は、様々な会社を訪問していますので、その雰囲気はすぐに察知します。

必要以上にエコロジー

社員が最低限必要とするものも無いような会社は、社員のモチベーションも下がります。実話ですが、社長自身は会社名義のベンツに乗っているにもかかわらず、エアコンが故障している営業車で真夏にも関わらず、銀行の融資担当者を駅まで迎えに行かせるような会社もありました。そのような劣悪な業務環境を見た銀行の融資担当者はどう思うでしょうか?きっと、この会社への融資は控えることは間違いありません。

社長が他社の役員を兼務している

本当に大規模な会社や経営手腕がある社長ならいざ知らず、業績不振で資金繰りに喘いでいる中小企業の社長が「●●グループ」等、いわば「会社帝国」を作ろうとしているのは、あまりにも滑稽です。銀行の融資担当者もそのような会社には融資はしません。結局業績が悪く資金が枯渇すれば会社は倒産しますので、まずは実現性のある事業計画をもとに、自社の業績を回復できるようにしましょう。

以上、銀行の融資担当者が会社に出向いた際にチェックする8つのポイントでした。

ちなみに、銀行からの融資を初めて受けるときは、事業計画書の作成はもちろん銀行との面接等、最低でも2か月以上はかかってしまいます。もし資金繰りが厳しく時間がそんなにない事業者の方はビジネスローンの利用も検討してみてください。以下の大手ビジネスローンはオンライン手続きのみで完結します。一度審査が通れば、500万円程度の資金は最短翌日には調達できます。

ビジネクスト
審査によりますが、最大1000万円まで融資可能

また、以下のような事業者の方で、どうしても資金調達が必要な方はファクタリング(売掛金の早期売却)をおすすめします。

・様々な事情で金融機関からの借り入れによる資金調達が難しい方
・すぐにつなぎ資金が必要な方
・創業後、1年以上の営業実績が無い方(決算が終わっていない方)
・税金未納がある方
・赤字決算の方

毎月法人の取引先に対して安定した売掛金がある事業をしている事業者は、売掛金を早期にファクタリング会社に売却して資金調達を行えます。売掛金があれば、最短翌日に資金調達をすることも可能です。こちらのフォームで資金調達額の目安がすぐにわかりますので、今すぐ簡易診断してみてください。

いずれにしても、資金調達がすぐにできる環境を準備することに早すぎることはありませんので、上記のビジネスローン各社とファクタリングの簡易診断の申込は同時にしておくことをおすすめします。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は11が事業資金の調達に成功しました。
前日は8が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社法人名または屋号
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 銀行融資の審査を100%通すために知っておくべき情報【提出書類編】

  2. 信用金庫・信用組合

    信用金庫・信用組合から融資を受けるメリットとデメリット、そして付き合い方のポイントとは?

  3. 銀行融資の申込前に知っておきたい銀行内の「格付け」とは?【第3回】

  4. 信用保証協会の審査

    資金調達の難しさを痛感!信用保証協会担当者からの残酷な一言とは?

  5. 単純保証人と連帯保証人の違い

    【経営者必読】保証人なのに返済拒否できる?単純保証人制度とは?

  6. 「メインバンクってどうやって決めるべきなの?」という経営者の方へ

  7. 期限前弁済手数料とは?

    期限前弁済手数料とは?【第9回】

  8. 起業家が融資を受けるまでの【全体の流れ】を把握する!

    起業家が融資を受けるまでの【全体の流れ】を把握する

  9. 日本政策金融公庫への融資申し込み

    日本政策金融公庫への融資申込前に経営者が知っておくべきポイント

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら