fbpx

「メインバンクってどうやって決めるべきなの?」という経営者の方へ

メインバンクの決め方

メインバンクとは、もっとも資金調達で利用頻度の高い銀行のことです。

企業がメインバンクに期待することは、やはり「いざというときでも融資をしてくれる」ことだと思います。しかし、いくらメインバンクだとしても、返済が滞るような経営状態の企業に対していつまでも融資をしてくれるわけではありません。

毎期赤字状態の会社の場合、赤字分を補てんしてくれる融資がしてもらえなければ、その会社の資金は尽きてしまいます。

そのような会社にメインバンクが無担保で融資を出し続けることはありません。銀行は貸し倒れリスクが増えるだけなので、いつか見切りを付けられ追加融資されなくなります。

とはいえ、やはり「いざというとき」に融資をしてくれる可能性が高まりますのでメインバンクは作っておくべきでしょう。

メインバンクは融資総額の総額が最も多い銀行に

メインバンクは、企業側がその銀行に「メインバンクになってほしい」と依頼するようなものではありません。

複数の銀行から融資を受ける中で、最も多くの融資額を出してくれる銀行が会社側へ預金口座を売上入出金や社員の給与支払いのメイン口座として使ってほしいと依頼してきたりします。

また、もし会社側が担保となるような不動産を所有している場合、追加融資ができるので担保提供をお願いされたりします。

上述のような流れの中で、基本的には融資額が最も大きい銀行がメインバンクとなるケースが多いです。

メインバンク候補について

企業として銀行との付き合いの基本は融資の実績ありきです。融資を多く受けた銀行に対して今後も会社の資金相談になってもらえるか意思を確認してみましょう。その際に銀行側から前向きな意思を感じられるようならばメインバンクにしてよいでしょう。

尚、メインバンクと決めた場合は、もし他行から融資を受けている場合、それ以降はなるべくメインバンクの融資額を増やすようにしていきます。

会社が15000万円の融資を受けていて、6000万円をA銀行から受けていれば、それ以降、資金調達が必要な場合はなるべくA銀行からの融資を受けるようにします。

また、売上入出金、手形や小切手決済、口座振替、給与振込などもメインバンクに集約させるようにします。それにより、メインバンクが会社側の資金繰りを把握しやすくなり、その後の融資の際にもより積極的でスピーディで協力してもらえる可能性が高まります。

以上、「メインバンクってどうやって決めるべきなの?」という経営者の方へ…でした。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は10が事業資金の調達に成功しました。
前日は6が事業資金の調達に成功しました。
  1. 売掛金が無い事業者様はこちらから(無料相談) 》
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 銀行融資の審査を100%通すために知っておくべき情報【提出書類編】

  2. 融資に必要な書類のまとめと融資担当者の見ているポイント【第8回】

  3. まずは公的融資制度のメリットとデメリットについて知っておこう【第1回】

  4. 借入金の種類について(後編)【第7回】

  5. 日本政策金融公庫から融資を受けた経験

    独立後して約1ヶ月で日本政策金融公庫から90万円の資金調達をした私の経験

  6. はじめての創業計画書作成と審査の3つの重要ポイントについて【第2回】

  7. 信用保証協会の審査

    資金調達の難しさを痛感!信用保証協会担当者からの残酷な一言とは?

  8. 銀行への決算書提出前に知っておきたい4つのNGポイントとは?

  9. 銀行融資の審査を100%通すために知っておくべき情報【格付けランクについて】

×

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら

×

  • 運転資金が必要な事業者の方はこちら!