【起業家必見】起業を決断した際に考えるべき4種類の資金とは?

会社を作って事業を起こすことを考えた場合、開業するための資金がどのくらい必要かを計算しなければなりません。少なくとも開業してから1年間にどれだけ資金が必要かをシミュレーションしておくようにしましょう。当然ながら計画通りすべてが進むことは少ないので、途中で想定外の費用が発生したり見込み通りに売上があがらないのが当たり前なので、その部分も初めに考慮した上で必要な資金を見積もるようにしましょう。

基本的には開業資金は以下の4つに分けてまとめてみるようにしましょう。

・開業準備資金
・つなぎ資金
・赤字の場合の補填するための資金
・生活資金

開業準備資金 - まずはすべてを書き出すことから始めましょう

たとえば、雑貨屋さんを始める場合は、商品やアイテムを並べるための棚やテーブル、レジなどなどが必要になります。製造業を始める場合は機械を購入する資金等が必要になるでしょう。運送業を始めるにはトラックなどの車両も必要です。また、今の時代はどのような業種を始めるにもパソコンやプリンターは必需品なのでそれらも含めます。

事務所を借りる場合は、保証金も必要で、事務所を解約するまでは戻ってこない資金です。ちなみに将来的に事務所を解約した場合、2か月や3か月分の賃料分が償却となりその分が減額されて返金される場合が多いです。覚えておきましょう。

このように様々なモノに資金が必要ですので、まずはすべて書き出すことから始めてください。

つなぎ資金 - 余裕をもって見積もりましょう

つなぎ資金とは仕入れの代金や事務所家賃、交通費やインターネットや携帯の通信費等、日常の営業活動に必要な資金のことをいいます。一般的に事業者同士の取引の場合、商品の引き渡しと同時に現金で支払うよりも、請求書を受け取ってから月末等に一括で支払うことがほとんどです。なので、実際に現金を回収できるのは1か月から3か月先になります。一方、スタッフの給料や交通費、事務所家賃等は待ってくれませんので支払いが生じます。そのためのつなぎ資金を余裕をもって見積もっておくことが大事です。

赤字の場合の補填するための資金 - 2パターン以上の創業計画を作っておきましょう

創業時は、どんな商売にしても、だいたい当初の計画通り売り上げがあがらないのが普通です。毎月赤字が続く期間も覚悟しておき、常に補填できる資金を確保できていることが肝心です。そのため、創業計画は固めに作っておくことが当たり前ですが、同時に、うまくいかないときの計画も最低1つは作っておき、その場合にどうやって事業を継続するかあらけじめシミュレーションを作っておき、実際のその状況になった場合でも、慌てずに対処できるようにしておきましょう。

生活資金 - 自分の生活資金は1年分確保しておきましょう

サラリーマンの方と、起業した方との違いは、何に対してお金をもらうかという点です。自分の時間を切り売りして会社から給料としてお金をもらうのがサラリーマン、起業した人は、自分(自社)が提供したサービスや商品(価値)の結果に対してお金をもらうことです。生活が厳しい状況で、冷静な経営判断は難しくなります。ただでさえ起業して成功する確率は低いといわれていますので、一年間は普通に生活できるだけの資金は確保してから起業するようにしましょう。

 

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は6が事業資金の調達に成功しました。
前日は9が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 起業家が融資を受けるまでの【全体の流れ】を把握する!

    起業家が融資を受けるまでの【全体の流れ】を把握する!

  2. 増資をする時に注意すべきこととは?

  3. 資金調達の正しい順番!最初の自己資金はいくら必要なのか?

    【起業家必見】資金調達の正しい順番!最初の自己資金はいくら必要なのか?

  4. 危険信号!融資を受けるとき保証人は立てない方が得策【経営者必読】

    危険信号!融資を受けるとき保証人は立てない方が得策【経営者必読】

  5. 開業(起業)時に使える事業者向けビジネスローン

    開業(起業)時に使える事業者向けビジネスローン【起業家必見】

  6. 会社用銀行口座開設

    【起業家必見】取引銀行はどのように選ぶべきか?

  7. 日本政策金融公庫の融資を通すコツ

    日本政策金融公庫や地方自治体の制度融資へ融資を申込む前にチェックすべきポイント

  8. 担保について

    普通抵当と根抵当の違いとは?融資を受ける前に知っておくべき担保の知識【経営者必読】

  9. 無担保でも借りられる融資制度

    【経営者必読】信用実績ゼロのときに頼れる《2つの資金調達法》とは?

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら