30代WEBデザイナーの私が日本政策金融公庫から融資を受けられた理由とは?

webdesigner

「フリーランスとして独立したけれど、設備を整えるために資金が欲しい」「開業して間もない為に、銀行から融資を受けられるか不安。」このようにお悩みの方は多いのではないでしょうか?

私は、4年前にフリーランスとして独立した30代女性のWEBデザイナーです。
お恥ずかしいお話ですが、それまでWEB系の会社に勤めていましたが、ボーナスもなく安月給で働いていた為、ほとんど開業資金がないまま独立しました。私は、父親の勧めで愛媛県の商工会議所に入会したのですが、そこで低金利で融資を受けられる日本政策金融公庫の融資制度の事を知ったのです。

ここでは、日本政策金融公庫への融資の申し込みから借り入れまでの私自身の体験談をご紹介します。これから日本政策金融公庫の融資を受けたいと考えている方は、参考にしてみてください。

子供の頃からの夢であるフリーランスに

私の父親は自営業だったので、私も「将来は、お父さんのように独立したい。」と小さい頃から考えていました。20代半ばでWEBデザイナーの仕事を始めて、30歳になる前にフリーランスになる事を決意しました。WEBデザイナーの仕事は楽しかったのですが、当時、勤めていた会社は残業が多く職場環境が良いとは言えない状態でしたので、思い切って会社を辞めて独立しました。

開業して約1年で日本政策金融公庫へ融資を申し込む

私が、融資を申し込んだのは日本政策金融公庫の融資制度「マルケイ資金融資」です。
この制度は、商工会議所の経営指導を6ヶ月以上受けており、1年以上開業実績があれば申し込みができるものでした。

私は、当時、車を持っていませんでした。仕事で取材や打ち合わせなどで遠出が増えてきており公共機関でのアクセスは、そろそろ厳しかったので車の購入を検討していました。また、仕事量が増えて外注に仕事を頼む事も多くなり支払いも増えてきた為、運転資金があれば助かると思い、開業から丁度1年でこの融資制度に申し込む事を決意しました。

質問攻めに合って尻込みする

融資を受けるのは、当然の事ながら初めての事です。

「1年間開業実績があるものの、たった1年の実績で本当に融資が受けられるのだろうか?」

そんな不安を抱えながら商工会議所に相談に行きました。

日本政策金融公庫の融資を受けるにあたっては商工会議所の方が、一緒になって進めてくれます。実際に、融資の相談をした際には私の仕事内容についてだけでなく、家庭の事情についても聞かれた為、正直言うと、お腹がキリキリするほどストレスを感じていました。

例えば、以下のようなやり取りがありました。

「もし、何らかの理由で返済が厳しくなったら、実家に帰って家賃を浮かすことはできますか?」

私が、実家には戻れない旨を伝えると、

「どうして、実家に戻れないのですか?」

などと、かなりプライベートな所まで質問されました。

その後、実家に戻れない事に納得はしてもらいましたが、

「実家に戻れないなら、返済が厳しくなった時にどう対応していくんですか?」

とさらに、質問されて問い詰められているような気分になりました。

結果的に、

「どうしても返済が厳しくなったら、私は外でアルバイトする事も可能なので、アルバイトをして返済します。」

という結論で納得いただきました。

今考えると融資をしてもらう上で、返済が厳しくなった時の対応について聞かれるのは当たり前だと思うのですが、当時は知識も経験もほとんどない状態でしたので、その日は落ち込んでしまって帰路につきました。

何百万円も借りられる訳ではない

その後、相談に何度か商工会議所に足を運び、希望の融資金額について話し合う事になりました。

私は当初150万円ほどの融資を希望していましたが、担当者の方は私の実績や担保などを考慮して、これくらいの金額なら日本政策金融公庫から融資を受けられるだろうと言う事で、80万円で融資をお願いする事になりました。

融資を申し込むにあたって、私の場合は80万円でお願いしましたが、融資金額の内訳についても詳しく聞かれました。

内訳としては50万円を車の購入費として、30万円を運用資金として申請を行いました。

ドキドキの訪問調査

融資を受けるにあたっては、商工会議所からの推薦が必要ですので融資をするに値するかどうか調査するために担当者が事務所に訪問しに来ます。私の場合は、2名の男性が私の事務所兼、自宅に訪問してくださいました。

正直、内心はどうすればいいのかドキドキしていましたが、私の仕事の内容を実際に見せたり、指定された資料などを調査されていました。

推薦を受けられる事になり融資の申し込みへ

訪問調査から数日後に、商工会議所から電話があり推薦を受けられる事になり、日本政策金融公庫へ融資を申し込みますと言う連絡がありました。

正直、もうダメだと思っていたので、一先ず安心しましたが本番はこれからです。

審査結果は果たして?

申し込みから約10日ほど経った頃、日本政策金融公庫から融資可能の連絡が郵送でありました!融資を申し込む場合には、同封の必要書類に記入して返送を行います。その後、必要書類を返送して後日、融資が無事に私の通帳に振り込まれました。

私が融資を受けられたのは、やはり商工会議所の担当者の方が冷静に私の状態を判断してくれて、「事業が傾いた時にどう対処する事で返済していくのか?」をハッキリとさせた上で、現状で受けられるであろう金額を提示して下さった事が大きかったと思います。

融資が初めてでも大丈夫!

私は、融資を受けるのが初めてでしたが商工会議所の担当者の方のサポートもあり無事に融資を受けることができました。

私のような開業間もない初心者のような状態でも手順をしっかりと踏んでいけば対応できました。

日本政策金融公庫の金利は、他と比べても極めて低金利です。
もし、融資を希望している場合には1度、日本政策金融公庫の融資にチャレンジされる事をお勧めします。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は7が事業資金の調達に成功しました。
前日は7が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 倒産する会社の資金繰りって?資金調達のタイミングの重要性を認識せよ!

  2. 【資金調達したい経営者必見!】銀行融資の申込をする際の4つのチェック項目とは?

  3. 【体験談】所得税納付のためにアイフルで30万円の借入をした経験

  4. 【借金トラブル体験談】資産売却したら返す・・と言われたので貸したものの返済されず!!

  5. オリコとビジネクストで融資を受けられた体験談

    オリコで100万円、ビジネクストで50万円の融資可能枠を確保できた個人事業主の私の借入体験談

  6. 【借金トラブル体験談】気づくと返済できなくなった!借金の恐怖!!

  7. 【体験談】良い社長でも会社は倒産しちゃうものなんですね・・

  8. 【体験談】借入申込時に必要なものは本人確認書類です

  9. 【体験談】年収の3分の1以上でも借りられる方法って!?

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら