【体験談】年収の3分の1以上でも借りられる方法って!?

総量規制(年収の3分の1以上は借りれない)対象外の借り先とは?

総量規制対象外で借りられる情報について話していただいたQさんの体験談です。

総量規制というのがあります。これは正確にいえば何かしら、その行為の総量に対する規制、ということです。しかし、今は専ら金融業者に対する貸付制限のことを指すことが多いです。それは一体どういうことか、といいますとキャッシングのような貸し方であれば年収の三分の一以下しか貸してはいけない、ということがあるのです。その為、金融業者は貸し付ける金額が人によって制限があるといえます。しかし、これは金融業者の話であり、金融機関は別になります。つまりは、銀行などはこの総量規制が除外されていることになります。ですから、多く借りたい人は銀行系が可能性としてはよいことになります。しかし、だからといって年収の三分の一以上を必ず貸してくれるわけではないです。

総量規制対象外には銀行等の金融機関がありますが借り過ぎにはご注意を!

金融業者の場合、年収の三分の一までという総量規制が法律で決まっていますが、銀行などの金融業者の場合、その規制がありません。なので、よくTVCM等で某大手メガバンクの広告が流されていますよね?でも、やはり借り過ぎてしまう人が後を絶たないようで、昨今は銀行間でも自主規制の動きが出てきています。また、今回の体験談をお話しいただいたQさんがおっしゃっているように、いくら総量規制対象外の銀行といえども、年収の三分の一以上を必ず貸してくれるというわけではありませんので、あてにしない方がよいでしょう。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は9が事業資金の調達に成功しました。
前日は6が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 【体験談】学生でもキャッシングできました!

  2. 土木建設

    土木建設業の資金繰りが改善できたケース

  3. 【体験談】消費者金融の審査はどこも同じなの!?

  4. 闇金とノンバンクの違いとは?

  5. 【体験談】良い社長でも会社は倒産しちゃうものなんですね・・

  6. 喫茶店

    喫茶店の買取資金400万円のうち200万円を信用保証協会付き銀行融資で調達しました

  7. 【体験談】初めてクレジットカード現金化サービスを利用して感じたこととは?

  8. 【体験談】大手メーカー企業が倒産する時の社内雰囲気とは?

  9. 【借金トラブル体験談】友人とのお金の貸し借りが原因でトラブルに!?

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら