個人と法人どちらが資金調達に有利でしょうか?

脱サラして起業をしようと考えた時、法人にするか個人にするか迷う方も多いと思います。資金調達を前提として法人と個人のどちらが良いか比べてみました。参考にしてみてください。

先に結論ですが、個人よりも法人の方が有利です。

まずは資金調達として考えられる方法として、銀行からの融資、政府系金融機関からの融資、事業者向けローン、ファクタリング等色々ありますが、そのほとんどが「法人」であることが前提となっています。現在は法人設立に必要な最低資本金は1円となっています。もちろん、登記費用等で実際には20万円程度の費用はかかりますが、それでも法人で始めることをお勧めいたします。

各方面からの資金調達で融資なのは法人です。その理由とは?

法人の方が資金調達に有利な理由は多数ありますが、そのいくつかを列挙いたします。

・決算書の有無
・個人だと公私混同をしてしまいがち
・個人の場合、担保として売掛金を登記できない
・代表者の意識

等などです。
確かに法人にするとなると、税理士への決算手数料や法人税の支払いなどが生じます。ただ、その費用負担すらできないような事業計画となると、そもそも起業を考える以前の問題かもしれません。