事業資金を最短翌日までに「ほぼ100%調達」する方法とは!?

会社企業の約7割以上が赤字と言われている中で、多くの企業は銀行融資が主な資金調達先として利用しています。確かに銀行はビジネスローンや商工ローン等と異なり、低金利で借りることができるので一番最初に相談に行くべきところです。但し、銀行も商売ですので、お金を貸して利息をプラスして返してもらうことで儲けているので、貸す相手が資金繰りで困っているようだと「この会社は返してくれるか心配だな」と判断して、貸してくれない場合もあります。

併せて読みたい記事
資金繰りが厳しい!!そんな会社経営者達の独白

よく「銀行は雨が降ると傘を貸してくれない」と言われますが、当然と言えば当然なのです。要するに銀行は「リスクができるだけ低い企業に貸して、確実に元金と利息を回収する」ために低金利で融資を行っているのです。そのリスクを許容して銀行が融資を断るような企業にも融資を行うようなところが事業者向けのビジネスローンとなるわけです。

ではビジネスローンも100%貸してくれるのか?というとそんなことはありません。これは説明するまでもありませんが、貸す側としてリスクを許容できないと判断されれば、担保価値のある不動産等が提供できない限り、当然融資を断ってくるでしょう。

どうすれば事業資金を最短翌日までに「ほぼ100%調達」可能か?


では、どうしたら本記事の主題「事業資金を最短翌日までに、ほぼ100%調達する方法」を実現できるでしょうか?これはそもそもの経営者の「資金調達=融資(または借入や出資)を受ける」という発想を変える必要があります。

取引先へ請求している売掛金を前倒しでファクタリング会社(売掛金を買い取る専門会社)に売却して資金調達できるのです。当たり前ですが、これはお金を借りることではないので負債にはなりません。

併せて読みたい記事
ファクタリングについて、そしてその活用のメリットとデメリットとは?

以下のような事業者の方で、どうしても資金調達が必要な方はファクタリング(売掛金の早期売却)をおすすめします。

・様々な事情で銀行やビジネスローン等から借り入れによる資金調達が難しい方
・すぐにつなぎ資金が必要な方
・創業後、1年以上の営業実績が無い方(決算が終わっていない方)
・税金未納がある方
・赤字決算の方

特に赤字決算の場合は銀行との関係もありますが、税金未納の場合は、銀行は絶対に融資をしてくれませんのでファクタリングしか方法がないかもしれません。日本ではまだまだ知名度の低い資金調達法ですが、経済産業省も推奨している100%合法の資金調達スキームです。ちなみに米国ではおよそ15%の利用に対して、日本では1%程度です。

経済産業省「売掛債権の利用促進について」

毎月法人の取引先に対して安定した売掛金がある事業をしている事業者は、売掛金を早期にファクタリング会社に売却して資金調達を行えます。売掛金があれば、最短翌日に資金調達をすることも可能です。こちらのフォームで資金調達額の目安がすぐにわかりますので、今すぐ簡易診断してみてください。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は6が事業資金の調達に成功しました。
前日は9が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. インターネット通販

    【ファクタリング事例5】ネット通販業の資金繰りが改善できたケース

  2. 土木建設

    【ファクタリング事例6】土木建設業の資金繰りが改善できたケース

  3. 不動産会社

    【ファクタリング事例4】不動産会社の資金繰りが改善できたケース

  4. 【条件別】リスケの難易度リスト【プロパー融資・ビジネスローン・信用保証協会付融資】

  5. 派遣会社

    【ファクタリング事例3】SE人材派遣会社の資金繰りが改善できたケース

  6. 【ファクタリング事例7】バス会社の資金繰りが改善できたケース

  7. 資金繰りが厳しい時の7つの原因と改善策【保存版】

  8. スマホ用アクセサリー

    【ファクタリング事例9】輸入卸販売業の資金繰りが改善できたケース

  9. 【資金繰りが改善できる!】リスケ交渉時の3つの交渉ステップとは?

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら