事業資金の調達ができた!会社経営者達の喜びの声

資金繰りが厳しい会社社長の中で、何とか資金調達できたという経験談を集めました。

尚、本当に資金繰りが厳しくなってからだと、銀行は絶対に融資してくれなくなります。「雨が降っているときに傘を貸してくれない」のです。なので、今のうちに事業者向けのビジネスローンの審査を通しておき、資金調達をできる選択肢を広げておくべきでしょう。以下の大手ビジネスローンはオンライン手続きのみで10分程度で完結します。一度審査が通れば500万円程度の資金は最短翌日に調達できるようになります。

ビジネクスト 東証一部大手アイフルグループで安心の美業者向けローン。最大1000万円まで融資可能

また、以下のような事業者の方で、どうしても資金調達が必要な方はファクタリング(売掛金の早期売却)をおすすめします。

・様々な事情で金融機関からの借り入れによる資金調達が難しい方
・すぐにつなぎ資金が必要な方
・創業後、1年以上の営業実績が無い方(決算が終わっていない方)

毎月法人の取引先に対して安定した売掛金がある事業をしている事業者は、売掛金を早期にファクタリング会社に売却して資金調達を行えます。売掛金があれば、最短翌日に資金調達をすることも可能です。こちらのフォームで資金調達額の目安がすぐにわかりますので、今すぐ簡易診断してみてください。

資金調達がすぐにできる環境を準備することに早すぎることはありませんので、上記のビジネスローン各社とファクタリングの簡易診断の申込は同時にしておくことをおすすめします。

それでは、一人目はシステム開発の会社経営をされているP社長からのお話です。

事業資金の早期調達の重要性を強く感じたシステム会社社長

わたしは、システム開発の会社を経営しており資金繰りとして3か月から6か月先を見通してみています。いつぐらいに資金ショートするのかを常に資金繰り表でチェックしながら、銀行からの借入を考えています。

うちの会社は資本金1000万円、人材派遣業と同じような形なので、仕事の内容と人材で利益の5パーセントいのの手数料が売り上げとなっています。ほとんどの人材が、外に常駐している状態です。従業員は5年前までは20人でしたが、順調に拡大して、今では50人くらいになりました。

事業を始めるときの出資金の殆どは、声をかけてくれた同業者の年上の社長です。一緒に協力会社として、事業を立ち上げないかとお誘いのお声がかかりました。以前、わたしはIT業界大手の会社社長の秘書をしており、つぶさに社長業というものを傍で見ていたので、その経験を生かして自分で独立しようと思ったのです。

しかし、そううまくはいきません。20代ではじめて独立しましたが苦戦して、今のシステム開発の知り合いの社長のおかげで順調に会社が回るようになってきました。銀行から借入金をするときは、長期と短期のものがあります。そのとき、必要な額によって期間を決めています。

銀行から借り入れをするときには、過去の決算書を3年分用意して銀行に提出しています。銀行は、お金を貸したいのは貸したい思いはあるのですが、会社の実績や黒字赤字、将来性があるかどうかで判断しているようです。会社を立ち上げたときには、銀行から借り入れ金をするのは大変でした。実績がないので、これからやっていく事業計画書が重要となるのです。

銀行側は、将来性のある会社かどうかを見極めています。返済可能な会社なのかどうかを。事業で資金調達できてよかったのは、税金関係でお金の支払いがくる3月の決算後の5月や所得税を支払う1月、毎月社員の給与の日ですね。

事業で一番資金調達で安心したのは、従業員にきちんと給与を支払える会社であることです。会社の理念や目標に向かって、一生懸命働いている従業員に対して、きちんと労働の対価と支払えることが一番の喜びです。この会社を信じて、働いている社員に対して感謝しています。

家族のいる社員もいるので、きちんと生活ができるように、給与支払いが無事にできたときが一番喜びを感じます。他には、事業を拡大するときに必要な事業資金が調達できれば、余裕もでき事業を広げることも可能です。会社の経営の継続が可能になります。事業資金調達ができて、何よりも会社の存続が一番できてよかったです。

 

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は6が事業資金の調達に成功しました。
前日は9が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 【体験談】今日中に絶対お金が必要なら消費者金融のキャッシングをお試しあれ

  2. 【体験談】キャッシングの審査で重要視される●●とは?

  3. 寝耳に水の失職

  4. 【体験談】ほんと、「おまとめローン」で助かった!

  5. 【体験談】キャッシング業者を選ぶ時の2つの重要なポイントとは?

  6. 赤字で税金滞納でも資金調達できた

    【資金繰り改善】2期赤字で税金滞納中の当社が5日で800万用意できた資金調達法

  7. 義理姉の美容サロンが300万円を調達した方法とは?

  8. 会社の倒産を知って本当にショックでした

  9. 【体験談】ついついゲームでお金を使った主婦の私・・便利なキャッシングで助かりました!

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら