ビジネスローンの審査に落ちた事業者の生の声【実録】

ビジネスローンの審査に落ちた色々な事業者の方のインタビューをまとめました。当サイトは事業者向け資金調達情報サイトとして運営しておりますので、様々な問い合わせを頂きますが、事業者自身の信用情報が汚れると、銀行は当然ながら、ビジネスローンの審査も通らなくなります。事業をされている方は他人事だとは思わずにご参考にしてみてください。

また、以下のような事業者の方で、どうしても資金調達が必要な方はファクタリング(売掛金の早期売却)をおすすめします。

・様々な事情で金融機関からの借り入れによる資金調達が難しい方
・すぐにつなぎ資金が必要な方
・創業後、1年以上の営業実績が無い方(決算が終わっていない方)
・税金未納がある方
・赤字決算の方

特に赤字決算の場合は銀行との関係もありますが、税金未納の場合は、銀行は絶対に融資をしてくれませんのでファクタリングしか方法がないかもしれません。日本ではまだまだ知名度の低い資金調達法ですが、経済産業省も推奨している100%合法の資金調達スキームです。ちなみに米国ではおよそ15%の利用に対して、日本では1%程度です。

経済産業省「売掛債権の利用促進について」

毎月法人の取引先に対して安定した売掛金がある事業をしている事業者は、売掛金を早期にファクタリング会社に売却して資金調達を行えます。売掛金があれば、最短翌日に資金調達をすることも可能です。こちらのフォームで資金調達額の目安がすぐにわかりますので、今すぐ簡易診断してみてください。

それでは、西岡(仮名)さんからの実際の体験談です。

国民政策金融公庫もNG・・そして銀行のビジネスローンも・・

私はフランチャイズに加盟してはんこ屋を経営していました。その前までは元々勤めていた工場の閉鎖がありまして、次の仕事を考えていた時に、雑誌のアントレを購入、そこではんこ屋のフランチャイズを偶然見つけました。「はんこ屋なんて儲かりそうもないけど」という好奇心で一度セミナーに行って聞いてみようかと思ったのが最初のきっかけです。

その後、アントレ主催の開業フェアが東京でありましたので、地元が名古屋の私は東京に出向いて、はんこ屋のフランチャイズの社長さんと話をすることができました。簡単な話を聞きたあとに実際に経営している実店舗の見学をさせていただき、意外に儲かるし、工場の作業よりも楽そうだから始めてみようと決心しました。

はんこ屋を始めるための開業資金は、会社の退職金と銀行の個人向けのカードローンを利用して用意しました。資金は用意できたいので一応開業にこぎつけ、一通りの研修を受けて開業することができました。ただ、実店舗での日々のお客様の応対やイレギュラーな対応等、マニュアルにないような出来事も多く、フランチャイズ本部の人に指導を頼むことにしました。

それには「3万円+交通費」を支払わなければなりません。たかが3万円と思いますが、何度もお願いすると、都度その費用がボディーブローのように効いてきます。。そして、店舗の立地が良くないせいか、集客も大苦戦。最初はトントンでしたが、半年もすると単月赤字続きとなり、お金はすでに底が見えてきました。

そこで、まずは国民政策金融公庫に融資の相談に行きました。国民政策金融公庫は私の自宅の査定を行いましたが住宅ローンがあるため担保価値がないとの返答で、あえなく国民政策金融公庫の融資を断られてしまいました。あれだけ資料作りや面談を行ったのに、時間と労力が無駄になりました。。

日々現金が減っていく恐怖。できれば頼みたくはなかったのですが、地元の銀行のビジネスローン窓口に融資の相談に行きました。窓口の担当は私にたいして少し態度が大きかったように感じました。やっぱり融資を受けようとする側は弱い立場で足元を見られているのかもしません。。はなから相手にされていないように感じました。

その後、営業担当者は私のはんこ屋にも来ました。私のお店に来て、さらに態度がでかくなりました。ものすごい上から目線で、「融資はできないですが窓口に来ていただければ、いつでも相談にのりますよ」と全くの他人事のように言ってきました。私は頭に来たので、その営業の言った一語一句を全て紙に書いて支店長に渡しました。

その営業から私の携帯電話に電話があり、今から行きますとのこと。私のお店に来て謝ってきましたが、もう怒る気にもなりません。結局、評価査定もしないのに、審査に落ちるなんてとんでもないです。融資ができないのなら、まず初めに言うべきだと思います。

結局、その後、私ははんこ屋を閉店して、残った債務はとても支払えないので自己破産することを決断。幸い知人等の人間関係のある人からの借り入れは無かったので、その点だけはよかったです。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は6が事業資金の調達に成功しました。
前日は9が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 【借金トラブル体験談】友人から聞いた借金の話・・

  2. 【体験談】性格が激変!?倒産でうつ状態になった社長の最期

  3. 大手のPC教室だったのに、、まさかの倒産

  4. 【体験談】大学生のキャッシュカード審査って簡単なの!?私が初めて作った時の話

  5. 【体験談】お金に困りに困ってクレジットカード現金化サービスを利用してみた件

  6. 【借金トラブル体験談】究極的にお金にだらしない男ってどうよ?

  7. 【体験談】教育費のためでもキャッシングできました!

  8. 【体験談】キャッシングの利息はマメにチェックするのがおすすめ!

  9. 【借金トラブル体験談】借金が原因で兄と殴り合いの喧嘩に!

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら