2社間と3社間で手数料が異なります【ファクタリング】

この記事ではファクタリング(売掛金の早期売却)の取引形態である2社間と3社間の手数料について取り上げています。
ファクタリングの手数料ってどのくらいなのか知りたい方は、相場として覚えておいてください。

尚、スピーディに資金調達ができる資金調達の手段としてビジネスローンの審査も通しておくと便利です。一度審査が通れば、数百万円程度の資金は最短翌日には調達できますし、わずか10分程度の入力で完結します。

ビジネクスト 審査によりますが、最大1000万円まで融資可能

また、以下のような事業者の方で、どうしても資金調達が必要な方はこの記事でも紹介しているファクタリング(売掛金の早期売却)をおすすめします。

・様々な事情で金融機関からの借り入れによる資金調達が難しい方
・すぐにつなぎ資金が必要な方
・創業後、1年以上の営業実績が無い方(決算が終わっていない方)

毎月法人の取引先に対して安定した売掛金がある事業をしている事業者は、売掛金を早期にファクタリング会社に売却して資金調達を行えます。売掛金があれば、最短翌日に資金調達をすることも可能です。こちらのフォームで資金調達額の目安がすぐにわかりますので、今すぐ簡易診断してみてください。

ファクタリングには2社間と3社間があります

ファクタリングには2社間と3社間の取引形態があり、それぞれ手数料の相場は3社間の場合1~5%程度、2社間の場合、10%~30%です。

3社間ファクタリングの場合、売掛先に予めファクタリングについて通知して同意してもらう必要があります。ということは、当然ながら、相手先からすれば自社に対して

  • 「資金繰りが厳しいのか?」
  • 「倒産リスクがあるので、これ以上の取引は控えよう」

となる場合がほとんどです。

また、3社間ファクタリングをOKにするような事業者の場合、逆にファクタリング会社側からも、警戒される場合も少なくありません。

というのはファクタリング会社からすれば、「売掛先と結託してファクタリング会社を騙す可能性があるのか?」と考えるからです。

結果的に多く事業者は、たとえ手数料が高くても2社間ファクタリングを利用することがほとんどです。

 

 

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は10が事業資金の調達に成功しました。
前日は7が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 【ファクタリング事例3】SE人材派遣会社の資金繰り

  2. ファクタリングについて、そしてその活用のメリットとデメリットとは?

  3. キャッシュフローを良くするにはファクタリング

  4. 売掛金を現金に換えられるのがファクタリングの利点

  5. 【ファクタリング事例4】不動産会社の資金繰り

  6. ファクタリングはベンチャー企業にとって資金調達の救世主!?

  7. 【ファクタリング事例2】運送業者の資金繰り

  8. ファクタリングにはどのような利点と弱点があるのか

  9. 最後にはやはり信用が大事となってくるファクタリングの取引

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら