売掛金を現金に換えられるのがファクタリングの利点

この記事ではファクタリングの利点について記載しています。

尚、ファクタリングを考えている方はまずはこちらのフォームで資金調達額の目安がすぐにわかりますので、今すぐ簡易診断してみてください。

また、同時にビジネスローンへの申込をして資金調達の選択肢を広げておくこともおすすめです。

以下の大手ビジネスローンはオンライン手続きのみで10分程度で完結します。一度審査が通れば、数百万円程度の資金は最短翌日には調達できます。

ビジネクスト 審査によりますが、最大1000万円まで融資可能

ファクタリングについて

企業が資金繰りに苦労している時、覚えておきたいサービスがあります。それは、売掛金を現金に換えられるファクタリングです。売掛金はあっても、その支払いは請求先のサイクルによって異なります。売掛金は現金のやり取りをすぐにしない分売買において楽なのは間違いありませんが、その分キャッシュフローを滞らせる原因になりかねません。それではせっかく売掛金を持っていても、すぐに役立ってくれないもどかしさにジレンマを抱えてしまいます。そこで、ファクタリングのサービスを利用します。
ファクタリングのサービスは、ファクタリング会社が行っています。このファクタリング会社にサービスの利用を申し入れ、審査等にパスできれば売掛金を現金に換えることができます。売掛金のままではどうにもならないことも、現金に換えられれば当たり前ですがその用途は一気に広がります。現金支払いの差し迫っているものがあればそれにあてられますので、資金繰りが利用する前より楽になるのは間違いありません。このサービスを利用することによってとにかくキャッシュフローを循環させられることが見込めますので、そこがファクタリングのサービスを利用する大きなメリットです。

ただ、資金繰りに困ったらとりあえずファクタリングのサービスを利用すれば良いと、安直に決めつけてしまうのは良くありません。ファクタリングのサービスを頭に入れておいて資金繰りを見通すことはもちろん大事なのですが、いくつか気をつけておきたい点があります。その1つとしてまず挙げておきたいのは、ファクタリングを利用するうえでの手数料についていです。

ファクタリングの手数料は、一律で決まっているわけではありません。各ファクタリング会社ごとによってその手数料は異なりますので、その比較を行ってから納得のいくファクタリング会社1つに決めなければいけないです。この手数料がもしも高額だったら、いくら即現金に換えられるとしても少し躊躇してしまうはずです。手数料が高いとそれだけ厳しくなりますので、手数料は低いに越したことありません。ファクタリング会社は多々ありますので、それらの中で手数料的に得なのはいったいどこなのか、ネットのファクタリング会社比較サイトを利用して事前によく確認することが手数料で損をしないための欠かせない準備です。

また、手数料と同じぐらい気にしておきたいのは、償還請求権のあるかないかです。これは売掛金の請求先が倒産などの理由により不良債権化してしまった場合に、請求をされるかどうかの有無を示したものです。償還請求権なしだったら、たとえ売掛金が不良債権化しても支払いのリスクはありません。しかし、償還請求権ありだったら、支払いの義務が生じてしまいます。ですので、もしものときにどうなのか、それについても事前にしっかりリサーチしたうえで申し込むファクタリング会社を決めないと後悔します。手数料と償還請求権のあるなしはファクタリングを利用するうえで切り離すことができない重要なポイントですので、まずはその点を中心にファクタリング会社を選んでいけば選択ミスをしにくくなります。

もしもファクタリング会社の評判について知りたいのなら、ファクタリング会社の評価サイトにアクセスしてみると利用者の声がどうなのかわかります。実際に利用していて対応がどうだったのか、サービスに何か気になる点はなかったのか、また次も利用したいかどうかなど、これから利用してみようと思っている人にとって知りたい情報がファクタリング会社の評価サイトには掲載されています。それを見ればどこのファクタリング会社に人気が集まっているのかわかりますし、何より客観的な評価を知れるので情報としての価値が高いです。ですので、どのファクタリング会社を利用すれば良いのか迷ったときは、とりあえずファクタリング会社の評価サイトを参考にして決めてみるというのも決め方の1つです。

本来ならファクタリング会社を利用しなくて済むような資金繰りになっているのがベストなのですが、なかなかそう上手くはいきません。特に中小企業なら順風満帆な経営状態で多少のことではビクともしないというほど問題ない場合のほうが少ないはずで、何かしらの不安点や問題点を何かしら抱えていたりします。そんなときはファクタリングの利用についても検討してみれば、思いのほか楽になるかもしれません。ファクタリング会社はかなり多いですから安易な判断で利用先を決めてしまうのは良くありませんが、たとえばファクタリング会社の評価サイトを参考にしながら信頼できそうなファクタリング会社を利用すれば役立ってくれるはずです。売掛金について頭を悩ませているなら、ファクタリングのことを考量しておいたほうが良いです。そうすることによって現金を必要とするときしっかり役立ってくれますので、すぐに利用するわけではなくともとりあえずサービスの流れを知っておいて無駄にはならないです。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は10が事業資金の調達に成功しました。
前日は7が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. ファクタリングにはどのような利点と弱点があるのか

  2. キャッシュフローを良くするにはファクタリング

  3. 【ファクタリング事例2】運送業者の資金繰り

  4. ファクタリングと銀行からの借入との違いについて

  5. 2社間と3社間で手数料が異なります【ファクタリング】

  6. ファクタリングサービスの利用で知っておきたいこと

  7. 1000万円以上の事業資金を最短翌日までに調達する方法とは?

  8. ファクタリングとは?そして「ファクタリング詐欺」にもご注意を!

  9. 【ファクタリング事例3】SE人材派遣会社の資金繰り

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら