ファクタリングサービスの利用で知っておきたいこと

 銀行の貸し渋りに直面して毎月四苦八苦している、そんな人は枚挙に暇がないほどたくさんいます。景気よく銀行がどんどん融資してくれるなら良いですが、現実はなかなかそういうわけにいきません。銀行としても貸し倒れになるのは避けたいですから融資担当者はどうしても慎重になりますし、よほど目立った業績好調企業でもない限り、融資まですんなりとこぎつけられないです。しかし、業績好調企業ならそもそも資金調達に苦労することはないはずで、融資を受けるのにはどうしてもやきもきします。そこで、銀行以外に資金調達ができる、売掛金の現金化サービスに注目です。

 売掛金の現金化サービスはファクタリングと呼ばれていて、今ではその利用者が少なくありません。売掛金をスピーディーに現金化してくれるのですから、目の前にまとまった現金を欲しいと思っている人にとっては願ってもない魅力的なサービスです。ファクタリングは厳密にいうと融資とは意味合いが少し違い、売掛金を現金化するサービスです。ただ、それは売掛金として持っている権利を手早く行使できるという点においてれっきとした資金調達になりますし、それを行うことによってひと息つけるのは確かです。売掛金の現金化がスムーズでスピーディーなら、それだけお金の管理に余裕が生まれます。お金の管理に余裕がないと常に精神的な重圧を抱えながら日々を過ごすことになってしまいますので、そうなるぐらいならファクタリングを上手く活用してお金の管理に余裕を持たせたほうが気分的に楽なのはいうまでもありません。

 また、このファクタリングですが、実際に対面しなくても利用できる場合もあるという点が好評を得ている理由の1つです。地方で事業を営んでいると都市部に比べてさらに資金調達には苦労をするものですが、電話1本でファクタリングを利用できればだいぶ違います。電話1本でそんな大事なサービスが本当に利用できるのか最初は半信半疑かもしれませんが、今はそれでサービスが利用できるように体系がしっかりと確立されています。もちろん業者にもよりますが、そんなサービスの利用に手間をかけなくてもファクタリング業者は「利用しやすい」ということで人気を集めているのは事実です。

 電話1本では対応に不安が残ると感じる人はいておかしくないですが、意外とすんなり進められることにびっくりする人も同じようにいます。電話1本でも担当者からの説明をしっかり聞くことによって必要書類や注意点等を教えてもらえれば、時間はそれほどかかりません。ファクタリング業者からすれば絶えずその業務を行っているわけですから、対応に滞りが出てしまうことは考えにくいです。たまたま新人の担当者にあたってサービスの利用まで随分待たされてしまった、ということもないわけではありませんが、それは例外的なレアケースだと判断できます。ですから、利用までがとてもスムーズになっていますので、そこがファクタリングの価値を高めています。

 そして、ファクタリング業者を利用するのに覚えておきたいのは、どんなユーザーを対象にしているのかという点です。同じファクタリング業者でも、ユーザーのターゲットはそれぞれで微妙に異なります。例えば、法人のみをターゲットにしている場合もあれば、個人事業主を中心にファクタリングしている業者もあります。そのようにしてファクタリング業者ごとに特色がありますので、それを見極めてからサービスの利用を検討すればすんなり利用できることもあります。ファクタリング業者は十人十色の個性があって、それぞれに強みを持っています。それを見極められればどこが自分に合っているファクタリング業者なのかわかりますので、その点についてはしっかり掘り下げておいたほうが無難です。

 また、こうしたサービスは迅速かどうかが非常に大きなポイントになってきますので、その点についてはこだわったほうが良いかもしれません。迅速にテキパキと対応してくれるファクタリング業者とそうでないファクタリング業者では、天と地ほどの差があります。現金を求めている時はとにかく早く欲しいという気持ちが強いでしょうから、申し込んでから実際に現金を受け取れるまでのスピードがどのくらいなのか、そこを突き詰めておくと良いかもしれません。クチコミで「対応がとても早かった」「迅速に動いてくれて助かった」などの好意的な意見があるようなら、スピードについてはまったく問題がないのではないかと判断することが可能です。

 申し込んでから特にストップすることなく話がポンポンと進んでいけば、こちらの思惑通りに現金を受け取ることができます。その対応力の差については各ファクタリング業者ごとで違ってきますので、どこもすべて同じだと安易に決めつけるのではなく、どのぐらい違うのかを慎重に判断したうえで最終決定しないと納得のいかない結果になりかねません。ですから、それらの点を考えに入れながらファクタリング業者選びをすることが大切です。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は10が事業資金の調達に成功しました。
前日は7が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 【ファクタリング事例2】運送業者の資金繰り

  2. 資金繰り悪化!倒産回避のためのたった一つの方法とは?【もちろん合法】

  3. 2社間と3社間で手数料が異なります【ファクタリング】

  4. ファクタリングとは?そして「ファクタリング詐欺」にもご注意を!

  5. 【ファクタリング事例4】不動産会社の資金繰り

  6. 最後にはやはり信用が大事となってくるファクタリングの取引

  7. ファクタリングにはどのような利点と弱点があるのか

  8. 売掛金を現金に換えられるのがファクタリングの利点

  9. ファクタリングはベンチャー企業にとって資金調達の救世主!?

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら