ファクタリングは多くの中小企業の希望!

ファクタリングという言葉を最近よく耳にします。元々はアメリカで誕生したシステムですが、現在では日本でもかなり利用されてきています。そして、このファクタリングというシステムは、多くの中小企業にとっては、まさに希望の光りとなるものです。
通常、売り上げやサービスが売れても、すぐに現金化出来ない場合があります。
場合によっては、長期間かかる場合もあるので、中小企業にとっては、まさに死活問題と言っても過言ではありません。
今までは、売掛金をすぐに現金化出来ない場合、銀行からの融資で補っていた企業が圧倒的に多かったのです。しかし、銀行から融資を受けるというのも、決して簡単なものではありませんてした。そこには、融資を受ける企業の業績や信用度が大きく影響します。例えば、確かに業績はとても良い会社なのですが、今までに銀行からの融資を度々受けている場合。そして、返済の遅延や延滞がないかどうかという情報で、場合によっては融資を断られることだってあるのです。
そして、融資が得られたとしても、それは借金をするという事なので、返済をしなくてはなりません。ですが、ファクタリングだったなら売掛先の企業の信用度が高ければ利用出来ますし、融資ではないので返済義務もありません。その代わり手数料が発生します。手数料の金額は、その時に使用する手続きによっても変わります。
ファクタリングは、どうしてもすぐに現金が必要だという企業にとっては、とてもありがたいシステムだと思います。
ファクタリング会社に依頼する会社は、売掛先の企業から手数料を差し引いたお金を、債権の購入金額として支払ってもらいます。そして、売掛金の支払日に受け取ったお金をファクタリング会社に払えば、それでもう完結するのです。銀行からの融資を受けた場合には、こんなに簡単にはいきません。
では、具体的にどういったファクタリング会社を利用すれば良いのでしょう。まず 安心なのは、銀行が設立したファクタリング会社です。やはりバックに大手の銀行がいてくれると、不安を感じる事はありません。
一部のメーカーのみとの契約が多いというなら、メーカー系のファクタリング会社が良いと思います。自社との取引の決済に利用する為に設立されたファクタリング会社なので、長期の取引をしているなら、これほど安心なファクタリング会社はありません。審査も簡単に受けられるので、手軽さで言えば、かなうものはありません。
どちらにしても、急な資金繰りが必要だという会社は、こうしたファクタリング会社を見つけておくというのは大切な事です。
ただ、希ですが悪質とも思われるファクタリング会社があるというのも本当です。
悪質なファクタリング会社は、主に親会社を持たないような会社で、後から調べてみたら、きちんと貸し金業者の登録をしていなかったとされるケースもあったそうです。出来れば、大手の銀行や企業がバックグラウンドについているようなファクタリング会社にお願いするのが良いと思います。
良いファクタリング会社を見分ける方法は、とにかく疑問に思った事は次々と質問するべきです。どんなに些細な質問でも丁寧に答えてくれるファクタリング会社が、ほんとうの意味で信用出来る会社なのだと思います。中には、質問にはほとんど答えなかったり、急いで契約をしようとしたりとするファクタリングかいしゃもありますので、少しでも怪しいと思ったらやめた方が良いと思います。
そして、ファクタリング会社を利用するにあたり、銀行の融資を受けるのとは最大に違うという点では、債権譲渡登記が必要になるという事です。債権譲渡登記というのは、売掛金をファクタリング会社が買う時に、依頼した会社の債権を確かにファクタリング会社が譲り受けたという事を示すものです。この債権譲渡登記があれば、公的にもファクタリング会社が債権を譲り受けた事を証明してくれます。
そして、何よりの心配は売掛金先の企業が倒産した時の事ですよね。そういう時の為に、償還請求権というのもあるのです。償還請求権というのは、売掛先の企業が倒産した場合です。ファクタリング会社は、最初から、そういったリスクも考えて買い取りを行っているので、心配はいりません。
大きな企業でしたら、銀行はすぐにお金の融資をしてくれますが、中小企業ではそうはいきません。まだこういうシステムがない時には、どれだけの企業が諦めてきたのかは分かりません。
ファクタリングというシステムは、これからの日本では、なくてはならないものになると思います。
まだ、国内ではファクタリングの知名度が少なく、その存在を知っている人すら少ないというのが現状です。
もしも、もっとたくさんの企業がこのファクタリングシステムを知る事が出来たなら、もっとたくさんの中小企業が救われる事だと思います。
ファクタリングに対しては、たしかな情報を流す所が少ないというのもありますが、まずは自分の目で調べてみる事も大切だと思います。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は8が事業資金の調達に成功しました。
前日は6が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. キャッシュフローを良くするにはファクタリング

  2. 最後にはやはり信用が大事となってくるファクタリングの取引

  3. 1000万円以上の事業資金を最短翌日までに調達する方法とは?

  4. 資金繰り悪化!倒産回避のためのたった一つの方法とは?【もちろん合法】

  5. ファクタリングとは?そして「ファクタリング詐欺」にもご注意を!

  6. ファクタリングはベンチャー企業にとって資金調達の救世主!?

  7. ファクタリングと銀行からの借入との違いについて

  8. ファクタリングサービスの利用で知っておきたいこと

  9. 2社間と3社間で手数料が異なります【ファクタリング】

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら