ファクタリングにはどのような利点と弱点があるのか

ファクタリングは事業の資金調達方法の一つであり、未回収の売掛金を早めに現金化したい側がファクタリング会社が買い取ってくれるサービスになります。

簡単に言えばファクタリングは売掛金入金を前倒し出来たら良いな、という希望を叶えるサービスであり、現金を素早く手に入れられるのは魅力的です。

売掛金は企業がサービスや商品を購入者側に提供する際、代金支払いを後日締め日に行う例があり、現金化されていない状態のものです。

多くの企業間取引というのは即現金払いではなく、掛け売り取引であり、支払期日を迎えていないものは入金されていないお金が発生していますから、その状態のお金を現金化する際にファクタリングを行って資金調達を行うのです。

資金繰りにおいて支払い期間が長い時は影響が出る可能性もあり、そういったお金をファクタリングサービスを行えばキャッシュに即変える事が出来ます。

融資を受けるわけではなく審査通過が容易で担保も必要無いですから、簡単に資金調達出来るのは利点であり、他の主な利点としては急な出費対応や支払い可能金不足が解消されたり、貸借対照表で負債になる事を防げるのも大きいです。

例えば売掛先の取引企業が倒産するとお金を回収出来なくなる事もありますが、償還請求権が無くて債権譲渡を行う会社を選択すると、回収できない状態になった時もこちらが負担せず、賃借対照表で負債にならない仕組みになります。

このようなサービスを受けるには適した企業があり、例えば金融機関から融資が受けれない企業には向いていると言えるでしょう。

他にも売掛金取引が長い企業も利点がありますし、黒字の倒産を防ぐ上でもファクタリングサービスは有効活用したいサービスと言えます。

もちりん利点があれば何事にも弱点もあり、それを知った上でサービス利用が望ましく、ファクタリングサービス最大の弱点と言えるのは、手数料の高さがあります。

相場としては2社間の取引では買取売掛金の10%から30%辺りの手数料となり、3社間の場合は1%から5%です。

売掛金が無ければもちろんファクタリングの資金調達が出来ないですから、月商を超えるような調達は出来ないのも弱点になり、3社で行うファクタリングでは、取引先の会社から許可を貰う必要があります。

ファクタリング会社とその利用会社、売掛先、3社間になるので、売掛先の取引会社が同意すればスムーズに進むのですが、難色を示す事も多く、取引先から資金繰りが上手くいっていない会社と認識されるリスクもあるのです。

資金繰りが苦しいと認識されてしまうと、企業間取引において劣勢に立たされる可能性もありますし、この辺りの取引では注意が必要になります。

取引先に通知しない2社間取引の場合は、手数料が高くなる傾向にあり、これは取引先企業にファクタリング利用の件を知らせずにサービスを利用しますから、利用会社としては利点がありますが、ファクタリングサービスの会社としては損失リスクを抱えるからこそ手数料が跳ね上がる設定です。

売掛先企業を絡ませない2社間のサービスは、ファクタリングサービス提供側企業が最もリスクが高くなる事から、リスク管理の意味合いで手数料が設定されます。

いずれにしても、企業経営する過程で、どうしても融資希望しても審査や時間的な問題から現金を用立てる事が難しい局面が起こりえますが、ファクタリングはそうした状況では救世主のようなものです。

このサービスによって経営破綻や黒字倒産を回避出来る例も多く、特に入金サイクルが遅くなる傾向にある運送や建設業界、為替相場の影響を受ける貿易系等で利用される事が多い傾向にあります。

審査速度が非常に早い事からも最短で即日入金もありますし、申し込みから数えて翌日から3日辺りで入金対応している会社が多いです。

借金とは方向性が違う事からも審査が柔軟になりがちですし、ファクタリングサービスを受けたい場合は、複数業者のサービス内容の比較検討から入る事が望ましく、会社によって手数料や審査速度、取り扱い業務や営業時間、運営実績や信頼性、評判等も大きく変わります。

問い合わせを行う地点では必要な書類準備もなく、まずは簡単な情報入力が必要な申込フォームから行う事が一般的であり、ネット経由で行えるのも便利です。

申込を行った後は仮審査が実施され、申込時に提示さた内容を土台に電話での口頭対応が行われ、そこから本審査に進んでいきます。

企業が不安になる銀行融資審査のような厳しいものではなく、虚偽内容を提示しなければスムーズに契約まで至る可能性が高く、審査完了すれば契約という流れです。

多くのファクタリング会社では、緊急で急な出費対応が必要な企業の事情に立ってくれる場合も多く、土日や時間外に対応してくれる所も多く、融資申込では実現出来ない程の早さで運転資金の調達が可能になります。

必ず利用時は複数社サービスを比較して、口コミや体験談情報も土台にして、悪徳業者を利用しないように注意しましょう。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は9が事業資金の調達に成功しました。
前日は10が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. ファクタリングはベンチャー企業にとって資金調達の救世主!?

  2. 【ファクタリング事例10】アパレル製造業の資金繰りが改善できたケース

  3. 最後にはやはり信用が大事となってくるファクタリングの取引

  4. 残業代請求ファクタリング

    【ファクタリング事例14】残業代請求をされてファクタリングを行ったケース

  5. 土木建設

    【ファクタリング事例6】土木建設業の資金繰りが改善できたケース

  6. 建設業のファクタリング成功事例

    【ファクタリング事例8】建設業の資金繰りが改善できたケース

  7. ファクタリングと銀行からの借入との違いについて

  8. 売掛金を現金に換えられるのがファクタリングの利点

  9. ファクタリングは多くの中小企業の希望!

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら