キャッシュフローを良くするにはファクタリング

企業か健全な経営を行うためには、キャッシュフローを良くすることが大事です。

売り上げを拡大して、利益を稼ぐことが、企業を支える一番大事なことなのですが、会社には資金が必要です。

そのためには、キャッシュフローを健全にする必要があります。

売り上げの売掛金を現金化して、資金を貯めておくキャッシュインフロー。

そして、買掛金を支払うキャッシュアウトフロー。

この2つの処理では、できるだけ早急に売掛金を回収して資金化。

反面、買掛金の支払いは、できるだけ遅くして、資金をできるだけ社内に留保させておきます。

そうすることが、キャッシュフローの健全化なのです。

しかし、ビジネス上での取引上では、個人取り引きのように代金引換という取引形態を取ることは、ほとんどないと言っていいでしょう。

売り上げをしても、その支払いがすぐに行われることはありません。

毎月の売り上げでも、月末締め翌月末支払い等、一定期間の回収サイトがあります。

この場合は、1ヶ月程度の期間がありますが、取引先によっては手形を切る所もあり、月末締め翌月末起算90日手形や180日手形というケースあります。

この例で見ると、180日手形の場合、実際に資金化できるのは、7ケ月先になってしまいます。

支払う取引先から見れば、キャッシュアウトフローを遅くすることで、キャッシュフローを良くすることになるのです。

資金回収を早くしたい時に便利なファクタリング

売掛金を早く現金化することで、すぐに他の買掛金の支払いに当てることもありますので、手形の回収条件はできるだけ避けたいものです。

しかし、取り引きの行き掛かり上、どうしても手形条件を飲まなくてはならないこともあります。

このような時に手形を短期間に現金化できるファクタリングという仕組みを利用すると、手形サイトを待たずに短期間で現金化できるので、キャッシュフローの改善に役立つのです。

ファクタリングの内容

ファクタリングは、この仕組みを運営しているファクタリング会社があります。

ファクタリング会社は、売掛金を持つ会社から手形の譲渡を受けて、会社にすぐに支払いをします。

その後、手形の回収サイトに基づき、請求先行きからお金を回収します。

このおかげで売掛金を持つ会社は、長い回収サイトを待たずに資金できるのです。

ファクタリングのメリット

この仕組みのメリットは、売掛金資金化の短縮ですが、決してそれだけではありません。

この仕組み以外で資金調達というと、銀行からの融資があります。

しかし、銀行融資の手続きはかなり煩雑で、尚かつ審査に時間がかかってしまいます。

そのために、買掛金の支払いが迫っている時は、とても大変なのです。

ファクタリングの場合も審査がありますが、銀行ほど厳しくなく、短期間に完了しますので、とても利便性の高い賜金調達法と言えるでしょう。

デメリットもある

しかし、ファクタリング制度はメリットばかりではなく、デメリットも存在しています。

まずは、ファクタリング会社の手数料が高いこと。

その率は、20%~30%に及ぶこともあります。

これは利益相当に匹敵するかもしれませんので、いくら買掛金の資金化が早くなったとしても、全ての買掛金にファクタリングを適用させることは、決して督促ではありません。

急ぎで資金調達をする必要がある場合に限り摘要させることが必要でしょう。

また、ファクタリングは、売掛金の相手先の同意も必要です。

同意されないケースはほとんどありませんが、あまりにこの仕組みを使い過ぎると、常に資金難の状態の会社だというマイナスイメージを与えてしまいます。

直接的な被害ではありせんが、取引上での 信用に影響が出てくる可能性があります。

また、賜金調達でも、売掛金以上の金額が必要な場合には、それができませんので、複数の売掛金に摘要させることや、銀行融資の併用も出てくることがあります。

キャッシュフロー全体管理の中で判断しながら利用すること

確かに緊急で資金難に陥りそうになった時や、銀行からの融資が受けられない時に便利なファクタリング制度です。

しかし、ファクタリング会社が支払いを肩代わりする性質なので、もし回収先が、倒産する可能性を考えると、運営会社としては、とてもリスクの高いことです。

このようなことから、利益を失なうくらいの手数料の高さなので、どの売掛金で利用するべきか、慎重な見極めが必要です。

せっかく営業が苦心して受注して販売した取り引きです。

ファクタリングを使った事で、実質的な赤字に鳴ることは、本末転倒なことです。

この様な事から、経理部門のスタッフは、キャッシュフローの全体的な状況を把握しながら、選択していくことが重要です。

企業における資金管理は、安定経営の根幹をなす仕事です。

それだけに潤沢な資金の留保に努めなければなりませんが、ファクタリングは、あくまで選択肢の1つであり、緊急避難的な措置として、活用することが現実的な運用と言えるでしょう。

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします

前々日は11が事業資金の調達に成功しました。
前日は10が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金
  1. おめでとうございます。調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください
  2. 事業形態
  3. 御社名 ※任意
  4. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 資金繰り悪化!倒産回避のためのたった一つの方法とは?【もちろん合法】

  2. 2社間と3社間で手数料が異なります【ファクタリング】

  3. ファクタリングはベンチャー企業にとって資金調達の救世主!?

  4. ファクタリングは多くの中小企業の希望!

  5. 1000万円以上の事業資金を最短翌日までに調達する方法とは?

  6. 最後にはやはり信用が大事となってくるファクタリングの取引

  7. ファクタリングとは?そして「ファクタリング詐欺」にもご注意を!

  8. ファクタリングサービスの利用で知っておきたいこと

  9. ファクタリングと銀行からの借入との違いについて

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら