ファクタリングとは?そして「ファクタリング詐欺」にもご注意を!

ファクタリングは借金ではない資金調達方法

ファクタリング

最近注目を浴びている資金調達方法にファクタリングというものがあります。

ファクタリングは、未回収の売掛金をファクタリング会社が買い取るサービスのことです。

少し具体的に噛み砕いて説明しましょう。

ここにA社とB社があるとします。

B社はA社からサービスや商品を買い取ることで営業をしているとしましょう。

しかし、買い取った後に、このB社もすぐにお金を渡せるわけではありません。

B社もA社のサービスや商品を元に商売を行い、それによって得たお金で支払いをする。

このような方法が一般的です。

そうなると、B社がA社にお金を支払うのは後日となります。

この時に発生する後日の支払いを売掛金と呼び、A社はB社からの売掛債権を持つことになり、これがあることで、B社にはA社に対しての支払い義務が発生します。

この売掛金が支払われるのを待てればいいのですが、A社も商売をしなければならず、その際にB社から発生するお金が必要となります。

特にB社からの支払いを当てにしているような場合には、一早くお金が欲しいのに、後日の支払いになってしまうことはなんとも煩わしいものです。

これは待てない、というときに使われるのがファクタリングです。

ファクタリング会社にその売掛債権を売却することで、その売掛金を支払ってもらえる、というもので、もちろん、それだけではファクタリング会社は損をするので、A社はファクタリング会社に手数料を支払わなければならないのですが、買い取ってもらうことで、ひとまずこれで資金調達が可能になるというものです。

三社間ファクタリングと二社間ファクタリングの違い

ファクタリングには二種類あります。

三社間ファクタリングと、二社間ファクタリングと呼ばれますが、先ほどの例を取って説明してみましょう。

A社とB社、それからファクタリング会社の三つの会社で手続きを行うのが、三社間ファクタリングで、二社間はA社とファクタリング会社のみの取引となるものです。

この二種類の違いはなんでしょう。

二社間はB社にファクタリングを行うことを知られません。

その代わりに、手数料が10%から30%かかります。

三社間はB社に知られ、B社も巻き込んでの手続きを行わなければならなくなりますが、手数料が1%から5%と少ないのが特徴です。

また、ファクタリング会社は売掛金を回収しなければなりません。

三社間の場合はB社から直接お金を貰い、二社間の場合はB社から売掛金をA社が一旦受け取って、それをファクタリング会社に改めて支払うことになります。

それゆえに、ファクタリング会社からすると三社間ファクタリングはB社の信用の調査を、後者はA社とB社双方の信用の調査を行う必要が出てきます。

二社間ファクタリングの人気が高まっている理由

二種類のファクタリングがありますが、一般的によく行われているのは二社間ファクタリングです。

いずれにせよ、ファクタリング会社はA社かB社の審査を行わなければなりませんが、三社間ファクタリングの場合、B社はとばっちりを受けます。

それなのに第三社に審査をされてしまうことになり、あまりいい気分ではなく、二の足を踏む場合が多いのです。

逆に二社間の場合はB社の審査も行いますが、そもそもファクタリングをA社が行っているということを知ることがありません。

A社とB社の関わりが強く、お互いの信用も強くて資金調達が必要という内部事情も理解してくれる間柄であれば、三社間ファクタリングも納得してもらえますが、現実問題としてそれは難しいのです。

なので、手数料はかかってしまうが二社間ファクタリングの方がB社との関係も悪化させることがなく、やり易いというメリットがあり、人気が高まってきているといえるでしょう。

ファクタリング詐欺にご注意を!

ファクタリングは借金とは違います。

債務にも当たらずにやり易いという性質があり、またもし仮にB社が倒産したとしても、A社に支払い義務は発生しないという大きなメリットがあります。

一言で言ってしまえば、借金などと比べるとかなり甘い制度です。

そこに目を付けている業者があります。元闇金業者です。

お金はあるし、A社にはB社に知られたくないという後ろめたさもあることに目を付けて、売掛金の売却がやり易いことを宣伝文句として話を持ちかけて、法外な手数料を取るという業者が増えて来ているようです。

契約をしようとすると、営業職員の個人口座に振り込ませようとする、振り込んだあとに振り込まれていないと言って再度の振り込みを請求する、契約書の内容などを後程改ざんしてくる、などのあくどい特徴があります。

騙されないために必要なのは、ファクタリング会社に直接出向けるかを聞くことが大切です。

ネット広告だけしか出しておらず、事務所を構えていないような場合はこのファクタリング詐欺を行う悪徳業者の可能性が高いのです。

ファクタリングは資金調達方法としてやり易いことには違いはないが、そこに目をつけた悪徳業者がいることを知って、自衛をしなくてはならないことを覚えておいた方がいいでしょう。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は6が事業資金の調達に成功しました。
前日は9が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. 資金繰り悪化!倒産回避のためのたった一つの方法とは?【もちろん合法】

  2. 運送業

    【ファクタリング事例2】運送業者の資金繰りが改善できたケース

  3. 2社間と3社間で手数料が異なります【ファクタリング】

  4. 【ファクタリング事例10】アパレル製造業の資金繰りが改善できたケース

  5. キャッシュフローを良くするにはファクタリング

  6. ファクタリングは多くの中小企業の希望!

  7. 売掛金を現金に換えられるのがファクタリングの利点

  8. 自動車部品ファクタリング

    【ファクタリング事例13】自動車部品製造会社の資金繰りが改善できたケース

  9. 携帯販売店ファクタリング

    【ファクタリング事例11】携帯電話販売店の資金繰りが改善できたケース

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら