ファクタリングはベンチャー企業にとって資金調達の救世主!?

ファクタリングはベンチャー企業や起業して間もない会社でも資金調達が可能!また貸倒リスクも回避可能!

ベンチャー企業や起業からまだ間も無い会社にとって、急に資金繰りに困ることがあります。

事業拡大や新たな契約締結を行う上で現金は必要であり、利益が確保出来る事業や受注でも入金されるまでには、社内から現金は出ていくばかりです。

その結果、大口契約が重なっただけで、資金繰りがショートしてしまい黒字倒産に直結する可能性が生じてしまいます。

このような場合、外部から資金として投入することを思い浮かべますが、ベンチャー企業や起業から間もない企業は銀行や貸金業者などの金融機関から融資を受けることが難しいのが実態です。

銀行から融資を受ける場合、財務状況の審査を受ける以前に申し込み条件に於ける3期分の決算書から最低でも3年以上の営業実態が無ければ融資が受けられません。

貸金業者でも2期分の決算書の提出が必要となり、必然的に2年以上の営業実態が必要となり、ベンチャー企業や起業から間もない企業では申し込み条件すら満足できないため、必要な資金が調達出来なくなります。

ですが、ファクタリング自体は融資ではなく、既に発生している売掛金債権の売買譲渡となり、金融機関から融資と異なり利用条件は厳しくはありません。

ファクタリング会社の中には、1年以上の営業実績があること、ベンチャー企業や起業から間もない場合でも売掛金債権さえあれば資金調達が可能な会社もあります。

その結果、金融機関からの融資条件にマッチングしない企業でも資金調達が可能であり、資金繰りのショート回避や資金調達により経営への弾みをつけられるというメリットがあります。

また、ファクタリング自体は売掛金債権という資産を売却するものであり、金融機関から融資という負債とは性質が異なります。

そのため、決算書には資金調達した現金が負債として繰入されることが無く、将来的に金融機関から融資を受ける場合において審査で不利になるといったデメリットがありません。

そして、金融機関から融資では自社の信用状況に応じ融資金額や金利が設定されることから自社に経営状況が悪い程、将来的に支払う利息が高くなってしまいます。

しかし、ファクタリングは融資では無く、有価証券の売買譲渡と同様に売掛金債権の買取金額が査定され、手数料を支払うものとなっています。

そのため、取引先の知名度や信用度が高い程、売掛金債権に掛かる掛け目が低くなり、買取手数料も低くなることから自社の信用度や経営状況から売掛金債権の金額が過小評価されてしまい、調達出来る金額が低くなるという問題がありません。

つまり、ベンチャー企業や起業から間もない企業でも大手の企業や社会的に信用度の高い企業と取引があれば、売掛金債権が高く買い取られ必要な資金を調達することが可能です。

しかし、経営者や経理担当にとって心配なことは取引先との信頼関係の悪化という問題があります。

売掛金債権を第三者に譲渡するほど資金繰りに困っていると判断されれば、後々の取引が打ち切られてしまう可能が生じてしまいます。

ですが、近年ではファクタリングは『金融機関から借りない資金調達方法』として知名度を高めています。

その結果、ファクタリングという方法自体に柔軟な会社も増えており、容認されるケースもあります。

また、日本国内でこれまで一般的だった手形取引に比べ、貸倒リスクが低い方法として利用する企業も増えています。

手形取引自体は売掛金の支払自体をより長いサイトで支払う方法として用いられているものの、支払手形を発行した会社が支払期日前に不渡りを起こした場合は自社への損害は回避することが出来ないのが実態です。

ですが、ファクタリングは償還請求権無しのファクタリング会社を利用することで自社の貸倒リスクを社外に出すことが可能です。

そのため、企業の中には売掛金の保証といった意味でファクタリングを利用するケースもあり、資金調達の方法以外にも利用されています。

例えば、貸倒により入金がゼロになるよりもファクタリングで7割や8割の利益を確保出来た方が企業が受けるデメリットは最小限で済ますことが可能になります。

取引への影響を気にしてしまうものの、取引先から見て有益そして技術力やサービス能力の高い会社であれば、資金繰りが悪化して取引が出来なくなる方が取引先にとってもデメリットになってしまいます。

ファクタリングは3社間そして2社間の2つの方法があり、取引先との関係悪化を気にされる場合は3社間ではなく2社間のファクタリングを利用することで取引先への通知や承諾を受けずに契約することが出来ます。

取引先が売掛金債権の譲渡を契約書で禁じている、もしくはファクタリング契約に応じないという企業が取引先の場合、売掛金の支払をファクタリング会社に前払いしてもらい、入金後にファクタリング会社へ支払をする方法となるため、サービスを受けるそして対価を支払うといった形になるため契約自体に違反するものではなく、安心して利用することが可能です。

ベンチャー企業や起業から間もない企業で資金繰りに困っている、もしくは資金調達を行い新たな事業や取引先を拡大したいという場合はファクタリングという方法を知っておくのが会社経営の安定や成長そして戦略に役立ちます。

10秒無料診断で資金調達

売掛金が無い方はこちらからご相談ください

無料で相談する

※動画再生時に音楽が流れます

資金相談フォーム ※資金調達額(目安)は10秒でお送りします!

前々日は6が事業資金の調達に成功しました。
前日は9が事業資金の調達に成功しました。
  1. ご希望金額
  2. 会社所在地
  3. 売掛金(取引先企業への請求額)
  1. 調達可能金額(目安)が算出できました。最短で資金調達を可能にするために続けてご入力ください計算中・・・
  1. 事業形態
  2. 御社名 ※任意
  3. お名前
  1. 資金調達可能金額(目安)をお送りしますのでご入力ください
  2. メールアドレス
  1. 最後のご質問です。最短で資金調達を確実にするため電話番号をご入力ください
  2. お電話番号
  1. お疲れさまでした。調達可能金額(目安)の準備ができました。
    今すぐ以下よりご確認ください。

ご相談いただいた方へ資金調達ガイドブック(非売品)プレゼント

鈴木康支税理士監修完全書下ろし「資金調達ガイドブック」

期間限定!無料ダウンロード!

税理士 鈴木康支(税理士登録番号第55764号)

鈴木康支税理士事務所所長
学習院大学卒博士(サンフランシスコ州立大学)孔子経営賞 受賞(26年度)
各種講演・セミナー多数

関連記事

  1. ファクタリングと法令

    ファクタリングと法令について知っておくべきポイント【ファクタリングの利用を検討中の方必読】

  2. 2社間と3社間で手数料が異なります【ファクタリング】

  3. 1000万円以上の事業資金を最短翌日までに調達する方法とは?

  4. 不動産会社

    【ファクタリング事例4】不動産会社の資金繰りが改善できたケース

  5. インターネット通販

    【ファクタリング事例5】ネット通販業の資金繰りが改善できたケース

  6. 【ファクタリング事例10】アパレル製造業の資金繰りが改善できたケース

  7. ファクタリングと銀行からの借入との違いについて

  8. ファクタリングについて、そしてその活用のメリットとデメリットとは?

  9. 最後にはやはり信用が大事となってくるファクタリングの取引

今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら
今すぐ資金調達が必要な事業者様はこちら